新卒採用は情報の押し売りよりも共感を得ることが大事

新卒採用をするとき時に、会社の説明だけをする企業は少なくないです。待遇やメリットなどを強調したいのは分かりますが、それでは新卒者の共感を得ることはできません。情報を一方的に伝えることは最小限にして、会社の入ったらできることを強調する方がいいです。新卒者は会社に入ったら何をするのか想像できていないケースも多いでしょう。それを補足することで入社後の姿を具体的に想像してもらいます。その姿が新卒者がなりたい将来像であれば、入社する強い動機になるでしょう。企業の姿勢や将来像に共感すれば、新卒者は入社したいと思うのです。新卒採用では共感を得られる説明を心がける必要があります。

新卒者が共感するポイントを細かくチェックする

新卒者が何に共感をするかは調べておくと役立ちます。世代によって社会的意義や国際貢献など、共感するポイントが違うことがあります。新卒者が何を考えているかを調べることは新卒採用では重要なことです。共感するポイントが具体的に分かると、対策は立てやすいです。特に共感するポイントが企業の指針と重なっていれば、それを利用することができるでしょう。

共感できる企業であれば新卒者は辞めにくい

新卒採用では辞めにくい人を採用することも重要です。その意味では企業に共感する人を採用することは、有意義でしょう。共感する企業はなかなか辞めないからです。採用の時点で共感してもらうことに成功していれば、採用後も辞めにくいというメリットはあるのです。共感する人を採用することは入社後したあとも役に立つのです。

新卒採用コンサルティングは、単に新卒採用をコーディネートするだけでなく、戦略的計画で採用活動を展開します。これにより将来有望な新卒者を他社より着実に採用でき、戦力として補強できる確率が高まります。