薬剤師に必要な資格はいくつからでも取れる

薬剤師になりたい!そう思うのはなにも若いうちだけではないと思います。薬剤師になるには、薬学部のある大学に入学し、国家資格の薬剤師免許取得が必要です。しかし、年齢制限や高齢者には不利ではないかなどと考えたりすると、挑戦する前に諦めてしまう方も多いかもしれません。

実は、薬学部への入学や薬剤師の免許取得に年齢制限はありません。6年制の薬学部のある大学に入学し、薬剤師国家試験に合格すれば薬剤師になる資格を得ることができるのです。

薬剤師の免許はいくつからでも取得できるけど

薬剤師の免許はいくつからでも取得することができることが分かりました。しかし、6年制の大学に通うということを考えるとかなりの時間を要することが分かります。社会人になってから転職を考える場合、仕事を辞め大学での学習に専念する必要があったり、国家試験に合格するまでは勉強する時間を確保する必要があったりと、決して楽な道ではないことが分かります。

また、仮に薬剤師の資格を取得することができたとしても、年齢が高いほど働く環境や給料面で良い条件の求人が見つかりにくいこともあり、自分の希望通りの働けない可能性も考えられます。

薬剤師はいくつからでも目指すことができますが、やはり早いうちに決断し、計画的に準備することが必要でしょう。

薬剤師の働き方は!?

薬剤師の資格を取得すると、よく知られた病院で作成された処方箋をもとに薬をわたす調剤薬局勤務からドラッグストア・薬店勤務、病院の勤務、厚生労働省勤務など幅広く活躍する場があります。

勤務条件も、他の企業などと比べて優遇されていることが多く、女性の場合ですと産休や育休制度が整っている勤務先も多く、復職しやすいことも特徴です。

薬剤師のシニア求人を活用してこれまでの経験を役立てる事ができます。地域や勤務時間等を限定して求人を選択する方法も取れます。